院長プロフィール

プロフィール

S61.5月生.A型.おうし座
大阪教育大学卒業、履正社医療スポーツ専門学校卒業
厚生労働省認可 柔道整復師、日本スポーツ協会アスレティックトレーナー取得
接骨院7年勤務後、2018年あかぎ接骨院開業
臨床歴10年、臨床数4万名以上、
専門学校講師や身体に関する講習会講師も数多く務める

院長プロフィール
院長プロフィール

プロフィール

S61.5月生.A型.おうし座
大阪教育大学卒業、履正社医療スポーツ専門学校卒業
厚生労働省認可 柔道整復師、日本スポーツ協会アスレティックトレーナー取得
接骨院7年勤務後、2018年あかぎ接骨院開業
臨床歴10年、臨床数4万名以上、
専門学校講師や身体に関する講習会講師も数多く務める

私は約10年間の間、治療家という仕事をやってきました。
様々な難しい症状をお持ちの方の治療を経験させて頂く中で、
もっとも印象に残っている事は、「膝が痛くて歩けない」など「膝の症状でお悩みの方が、こんなにも多いのか」という事でした。

「膝の軟骨が減ってしまい、手術しかない」と言われた方。
「年齢のせいだから仕方がない」と言われた方。
「だんだん歩けなくなり、寝たきり」になってしまった方。

膝にお悩みを抱えた方々が、みなさん共通して仰ることは、
「自分の足で歩きたい」という事でした。
普段何気なく歩いている事が、どんなに幸せなことなのか、当たり前ではないという事を再認識しました。
そこから私は、「膝の症状でお悩みの方を一人でも少なくしたい」という強い思いを抱き、
治療の勉強を重ねました。

実は、私も膝のケガに悩まされた時期があります。
私は、小学校3年生から大学卒業まで、サッカーをやっていました。
その中で、半月板損傷という「膝の大ケガ」をしていまいました。
本来であれば、治療に専念して、しっかり治ってからサッカーをすべきでしたが、
当時の私は、「レギュラーを外されるのが嫌だ」という理由で、医師の指示を守らず、
半ば強引にプレーに復帰してしまったのです。
お察しの通り、満足いくプレーが出来ないばかりか、
日に日に痛みが増して、膝が全く曲げられない状態にまでなってしまいました。
その頃の無理が影響して、現在でも膝の調子が悪くなることがあります。

このような経験から、
膝の痛みがある方の「不自由さやどんなことに困るか」という事はよく理解できます。

時間はかかりましたが「注射や薬、手術に頼らないでも膝を良くする方法」を身につける事ができました。この治療法で、多くの方々の力になれたら幸いです。

「膝の症状でお悩みの方」はぜひ私の治療を受けてみてください。
皆さまのこれからの人生をより豊かにするお手伝いをさせて頂きます。

incho_sign